日雇でも稼いだ場合、確定申告は必要です

即金バイトとは字の如く、働いたその日にお給料が貰えるバイトです。

 

求人サイトでは日払いバイトとか即日払いのバイトで募集している事が多く、給料日を待たなくても即金でお給料が貰えるとあって、すぐに現金が必要な人に人気です。

 

しかも自分の都合に合わせて働けますし、面倒な面接もありません。その上高収入が期待できちゃうのですから、人気が上昇した今、定番バイトになりつつあります。

 

しかし即金バイトで稼いだは良いですが、後で心配になるのが確定申告です。

 

確定申告とは、1年間に所得のあった人が所得税と復興特別所得税の額を「申告納税」する、また納め過ぎた所得税と復興特別所得税の「還付申告」をする税務処理のことです。

 

原則、翌年の2月16日〜3月15日に行います。通常のアルバイトをしている人の場合は給料明細を確認すると分かるのですが、アルバイトであっても税金を前払いしている筈です。

 

 

確定申告をする事で、元々多く支払っていた税金を受け取る事ができるのですね。
会社員の方については会社で年末調整が行われるので問題ないのですが、アルバイトの場合は自分で確定申告をするケースが多いです。

 

 

まずは給料明細から所得税が引かれているか確認してみて下さい。

 

ここで問題なのが、即金バイトの確定申告です。日払いや即日払いのバイトのほとんどは派遣会社が関わっていて、大体の派遣会社は年末調整をしません。バイトの日給からは所得税が源泉徴収されていると思いますが(要確認)、徴収されている所得税を還付してもらう為には自分自身で確定申告を行う必要があるのです。

 

 

さて確定申告を行うには源泉徴収票が必要となるのですが、大体の会社は年末か年明けに貰えます。
しかし派遣会社を通じてその日その日で働いている様なケースの場合、源泉徴収票を待っていてもダメです。

 

 

時期が来たらこちら側から要求する、もしくは辞める時に郵送してもらう。これを忘れないで下さい。働く前に源泉徴収について問い合わせてみると良いです。

 

確定申告の方法

確定申告の方法ですが、税務署で行うのが一般的です。

 

最近では税務署内に確定申告会場を設けず、大型のショッピングセンターやコミニュティセンターなどに確定申告の特設会場を設けているケースがとても多いので、まずは住まいの地域の税務署に確認すると良いです。

 

必要書類を揃え、申告書に記入していきます。初心者には難しく時間も掛かりますが、相談に乗って貰えるので大丈夫です。

 

最近では自宅で確定申告書を作成する事もできます。自分のペースで行えますのでお勧めです。

 

即金バイトは申告しなくていいの?

例えば即日払いのバイトで生計を立てている様な人は確定申告が必要ですが、メインの仕事の他に月1回ほど即金払いのバイトに登録して稼いでいる場合、登録バイトの確定申告は『まぁいっか。』とおざなりになる事があります。

 

確定申告の際は、メインのバイトも登録バイトも源泉徴収票が必要です。
日払いバイトでも源泉徴収されているのなら、収入に対して税額の方が多い筈です。

 

そうなると還付される可能性が高いので、損をする事がなくなります。もし先程の『まぁいっか。』といったノリでメインの仕事のみ確定申告をするのなら、日払いバイトの源泉徴収票が出されている場合ですが、そのまま放置というケースも予想されます。

 

何故なら支払った税金の額の方が多いからです。但し、もしも税に不足があった場合は・・・税務署から連絡が来ます。
加算金付きの納付となる事を覚悟して下さい。

 

では日払いバイト側が源泉徴収票を出さない場合は?税務署側がその収入に気付かなければ放置ですが、日雇い会社に税務調査が入る事があります。その時に判明すれば、後に税務署から連絡が来るでしょう。

 

不安に思うのなら、確定申告が必要だと心得て下さい。

 

日雇バイトをお探しの方はコチラ