日雇バイトするなら支払い方法もチェックしましょう

アルバイトバイト求人サイトなどで増加しているのが、日雇いという雇用形態での募集です。

 

1日単位での契約となる為、空いた日に日雇いバイトで稼いだり、様々な日雇いバイトを繋いで稼ぐ事も可能です。

 

お小遣いがピンチな時や急な出費の時の救世主的なバイトとして、脚光を浴びています。

 

長期バイトで人付き合いに疲れた・・・という人も、日雇いバイトの存在を知ってからはバイトが辛いと思わなくなったと喜び、その日限りの人付き合いと割り切って働いています。

 

女性の日雇いバイトも増加の一途を辿っていますので、ますます日雇いバイトの求人が増え、応募する人も増えると予想されています。

 

そんな日雇いバイトですが、求人情報の掲載内容を良く読まずに応募する人がいます。

 

 

勢いだけで応募していざ仕事→無事終わって念願のお給料♪の筈が・・・即日現金手渡しだと思っていた給料が、来週じゃないと貰えないと判明!しかも現地で手渡しなので、またこの場所まで来なくてはいけない。

 

 

近場なら良いけれど、自分は電車で来たので電車賃が無駄。勿論自費という事で、何だか損した気分・・・こんな事態が結構発生しているのです。雇用側とトラブルになったケースも多いですが、結局求人内容を確認していないこちら側が不利なので、納得して従うしかありません。

 

こんな事にならない為に、日雇いバイトの支払方法をきちんと確認して下さい。

 

日払いと即日払いの違い

日雇いバイトの支払方法はいくつかありますが、まず『日払い』という支払方法です。
1日ごとの給料計算という意味ですので、例えば仕事を行った日の給料が、数日後に振り込まれるという事もあります。

 

次に『即日払い』という支払方法です。
働いたその日にバイト代が支払われることを意味し、毎日が給料日といえます。

 

現金手渡しなのか振込みなのか、その辺の確認が必要となります。

 

『日給制』と記載されている日雇いバイトもありますが、基本的には日払いと同じです。

 

1日ごとの給料計算であり、その日に貰えるとは限りません。『週払い』という支払方法もありますが、こちらも会社側に確認する必要があります。週末で締めて翌週の頭に支給する場合が多いですが、例外もあります。残業分は月締めにするとか、翌々週に持ち越すとかです。納得がいくまで説明を受ける事をお勧めします。

 

この様に、日雇いバイトでも支払方法は様々だという事を把握しておくと良いです。
求人情報をチェックする時、しっかりと支払方法を確認しましょう。

 

 

会社側に問い合わせるなど、納得してから応募した方が後々スムーズですし、後悔なく日雇いバイトが出来ます。

 

せっかく働いたのに思っていた支払方法じゃなかったとなると、テンションがた落ち間違いなしですからね。