人気の交通調査のアルバイト

短期アルバイトで不動の人気を誇るのが、交通調査アルバイトです。

 

道路脇に簡易椅子を儲け、何人かで車や行き交う人をカウントします。

 

 

この様な人達を目撃する事もあると思いますが、毎回目撃できる訳ではありません。つまり1年に数回しか募集しないバイトなので、もしも求人があったら即効で応募する事をお勧めします。

 

 

 

私自身交通調査のバイトを数回した事があり、友達も何人か経験しています。カウントする種類は実に様々で、私の場合高速道路のパーキングエリアに入る車の台数をカウントしました。友達は歩道橋を歩く人の数、男女別でカウントした事もあるそうです。

 

 

 

車の場合でも人の場合でも、膝の上に置いてあるカウンターを押していく作業は同じであり給料に差はありません。

 

 

どちらかというと、地域によって給料に差が出ている様です。都心部の方が交通量や人の数が多いので、時給が地方に比べ高い傾向にあります。その分カウントする作業もひっきりなしなので、お金の為と思って頑張って作業して下さい。

 

 

金額ですが、大体1,000円〜1,500円です。座ってカウントするだけでこの時給なら、やっぱりお得過ぎ!楽して稼ぐのに絶好のバイト内容じゃん!そう思って食らいつく人は多いです。

 

 

しかし絶対に楽だとも言い切れないですよ、このバイトは向き不向きがあると思います。まず注意事項ですが、拘束時間が長い事を知っておきましょう。

 

 

12時間〜24時間が一般的であり、その間に1時間位の休憩時間があります。休憩時間が長いのが魅力的ではありますが、逆にこの時間が苦痛になる場合もありま
す。寝たいけど寝付けない、スマホも飽きてしまってやる事がなく、時間が経つのが遅く感じる事もあります。

 

 

 

一般のバイトの様に1時間で10分程度の休憩の方が、気分がすっきりして働きやすいという人も多いです。逆に一気に仕事をしたい人、友達と応募して1時間程度の休憩なら楽に過ごせるという人には向いていると思います。

 

 

 

12時間で12,000〜15,000円、24時間で2万〜3万円位の収入となるので、とにかくある程度の収入を得たい人には打ってつけの仕事です。そしてこの仕事が人気である理由として、特別な資格や経験がいらないという点が挙げられます。作業内容自体単純なので、覚える内容も少なくて済みます。

 

 

 

 

良い意味で頭と身体を使わずに稼げますし、一緒に仕事をする人とコミュニケーションを取る必要もありません。精神的ストレスが蓄積する恐れもなさそうです。交通調査バイトの注意事項として、暑さや寒さ対策を万全に行いましょう。夏ならば冷却タオルを首に巻き、帽子をしっかりかぶります。タオルも多めに持参し、熱中症対策だけは気を付けて下さい。

 

 

冬ならば防寒対策が必須です。ダウンジャケットやニット帽、腰にはホッカイロを貼っておきましょう。靴下の2重履きもお勧めですし、寒いとトイレが近くなります。トイレの場所もしっかりと確認しておくと後々焦りません。そして最近多いのが、この仕事をしてアレルギーに気づくケースです。光化学スモック、排気ガス、PM2.5、黄砂など、初めて拒否反応が出て仕事を辞退する事もあります。

 

 

 

これらをクリアできれば、副業として稼ぐ事も可能です。交通量調査員はストレスもかからず特別な技術もいらないですし、仕事でミスをして怒られることが少ないです。よって精神的負担は軽くなり、副業として応募する人が増えています。

 

 

 

学生から主婦、社会人の副業まで幅広く人気の交通調査。1度経験しておいて損はありませんよ。

 

 

 

即金バイトを今すぐ探すならコチラ